>コラム>遺品整理を業者へ依頼するときに役立つ豆知識

遺品整理を業者へ依頼するときに役立つ豆知識

和室

しっかり分別する

葬儀や法事などが一段落したら、いよいよ遺品整理を進めていくこととなりますが、急いで整理しようとすると大切なものや貴重品を捨ててしまう場合もありますので、慎重に分別を行っていきましょう。まず、通帳や印鑑、不動産の権利書や保険の証書などは相続の際にも必要ですので、こうした書類は早めに探し出して、大切に保管しておくことがおすすめです。貴金属なども価値の高いものは相続の対象になるものもありますし、誰も受け継がない場合は買取に出すという方法もありますので、こちらも大切に保管しておきます。家具や家電なども使えるもの、処分するものを分別しましょう。さらに個人が趣味で集めていたものや洋服なども必要なものとそうでないものを分別しておきます。大阪でも遺品整理は業者に依頼することも増えていますが、ある程度の分別は行っておくとよりスムーズです。

遺品整理

通帳などの価値が高いものは慎重に

大阪でも遺品整理で悩む人は多いですが、やはり避けることはできませんし、相続にも関わってくる場合もありますので作業は少しずつでも初めていきたいところです。特に貴重品は誤って処分してしまうとトラブルの元となりますので慎重に整理していきましょう。通帳や印鑑、さらに保険に関する書類、年金を受給していた場合は年金手帳などの関連の書類も探し出しておきます。さらに、キャッシュカードや運転免許証、公共料金の領収書、貴金属なども慎重に取り扱いたいところです。大切なものは机やタンスの引き出し、さらに金庫などにしまっていることも多いので丁寧に整理をしていきましょう。そして洋服などと一緒に大切な書類が保管されている場合もありますので、衣服などを処分する際も慎重に作業を進めていきたいところです。